2つの換金方法|クレジットカードを現金化する具体的な方法とそのメリット

クレジットカードを現金化する具体的な方法とそのメリット

2つの換金方法

貯金箱

クレジットカード現金化には、以下の2種類の方法があります。

・自力で換金を実行する
・現金化専門業者を利用する

それぞれに長所・短所があります。順に見ていきましょう。

方法1:自力で換金を実行する

自力で購入商品の換金を実行する場合、一番のメリットは「換金率をコントロールできる事」にあります。
商品ごとの換金率は株価同様に、日々変動しています。また商品の種類、買い取りをしてもらう店によっても、換金率は変動します。そのあたりを研究して換金率を上げるよう行動していけば、非常に高い換金率でのクレジットカード現金化が可能になります。
ちなみに、現金化専門業者を利用する場合には「80%」が換金率の限界とされています。自力で換金する場合には、この値を超える事を狙ってみても良いかも知れません。
ただ自力で換金を実行する場合、そこに多くの時間と手間がかかります。購入商品を保管し、また各買い取り店まで出向く必要がありますから、それが少し面倒になります。

方法2:現金化専門業者を利用する

クレジットカード現金化専門業者を利用すると、色々と楽になります。特に古物商の資格を持つ業者を介してクレジットカード現金化を実施すると、とても迅速に換金が完了します。
購入商品を即時「中古品」と業者が判定すれば、業者はそれを中古品として買い取ってくれます。これをインターネット上で実行すると、驚くほどのハイスピードで換金が完了してしまうのです。
ただ、業者を介した場合には「80%」が換金率の限界になります。また悪徳業者に目をつけられてしまう恐れもありますから、十分に注意しましょう。