利用停止などのデメリット|クレジットカードを現金化する具体的な方法とそのメリット

クレジットカードを現金化する具体的な方法とそのメリット

利用停止などのデメリット

電卓

様々なメリットがあるクレジットカード現金化ですが、逆にデメリットもあります。クレジットカード現金化を実行する際には、特に以下のデメリットを理解しておきましょう。

デメリット1:クレジットカードの利用を停止される恐れがある

ほぼ全てのクレジットカード会社は、「換金を目的としたクレジットカードの利用」を規約で禁止しています。
クレジットカード現金化はその規約に違反する行為ですから、当然クレジットカード利用停止処分を受ける可能性は十分にあります。
クレジットカード現金化を実行する人は、このデメリット、ひいてはリスクを理解した上で換金を実施しています。この事を十分に理解しておいてください。

デメリット2:最悪の場合、逮捕される恐れもある

クレジットカード現金化という行為は、非常に「グレーゾーン」の多い行為です。
グレーゾーンの多い行為というものは、警察・検察の判断次第では「クロ」になります。「クロ」と判断された場合には、そこには「逮捕」「起訴」が待っています。

現状、悪質な現金化業者が逮捕される事はあっても、クレジットカード現金化の実行者が逮捕される事はほぼありません。
現実にこの行為を利用する人が多く、またどの部分にどの犯罪を適用するかの判断が難しい、というのが理由です。
とは言え、クレジットカード現金化は「グレーゾーン」です。この事もまた、利用者は十分に理解しておく必要があります。

上記のようにデメリットもあるクレジットカード現金化ですが、その需要が大きい事もまた事実です。メリット・デメリットをよく理解した上で実行しましょう。